65. アレルギー・免疫療法

アレルギー体質には種類・個体差・飼育環境によって差があります

犬のアレルギーの発生原因物質
ハウスダスト------約95%
食餌性-----------約3%
接触性その他-----約1%

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ハウスダスト・(家庭塵)ダニの死骸・糞・ その他
食餌性 肉・魚・穀類・野菜・その他餌
接触性 鉱物 草花 衣服 樹木 香料 
その他
---------------------------------------------------------

診 断 基 準
生化学的・免疫学的検査
費用高額・信用度に疑問が有る(
特に餌)
検証事例
アレルギー検査で食餌アレルギーと言われ
フードを2-3度変えたが変化無く治らない
食餌性アレルギーが少ない証拠

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

診断・治療法

食餌性・接触性
試験的に該当物質を摂取or接触して反応を観察・判定
即時性・・・摂取・接触して数分以内に痒み反応(頭部・身体)出現
遅延性・・摂取・接触して数時間以内に痒み反応(頭部・身体)出現
以上で判断が出来ます(
誤診が多いのです)

ハウスダスト・(家庭塵)
ハウスダスト・(家庭塵)の化学的抽出・無菌液
注射・内服・
舌下で吸収・免疫獲得・症状軽減作用
注射は犬・飼い主も嫌がり嫌避されるのでしません
舌下が嫌避されず安易な方法
舌下減感作療法(毎日・舌下に垂らすだけ)


アレルギーの発症理由
各家庭の ハウスダスト・(家庭塵)・犬が吸入・接触が原因となります
貴方の愛犬が(貴方の家庭塵)に暴露されて発症したのです
原因の家庭塵を抽出材料として免疫を強めます
以上の原理で貴家の(家庭塵)が治療に
必要となります

掃除機の微細粉末5-10g
  化学的抽出原液 1万倍から毎月濃度を濃くしてアレルギー体質を改善・治療


写真下の皮膚変化があればハウスダストを持参して下さい

アレルギー・ハウスダストアトピーの主な皮膚変化

1週間で処理調整後・免疫剤・お送り致します

 1. 顔・口唇・眼の周り・耳   2 体側全身が薄毛・脱毛     3. 前足・肘の前面  4. 四肢肉球間とその回り
 5. 頸下・腋の下・胸腹面   6. 背中・頭・耳・頸    7. 後足・大腿・踵・足先  8. お尻・外陰部・踵・足先

発症初期なれば4-5カ月遅ければ1-2年以上掛ります
何れにしても永く慢性化する場合があります
気長に
免疫力を高めて治しましょう

                 Topページに戻る

------------------------------------------------------------